USJ ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニーで2回目のトラブル! 今回は30分停止


スポンサードリンク

7月15日にオープンしたばかりのUSJのハリーポッターエリアで、初日に続いて23日にも「ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャーニー」がトラブルを起こして自動停止するという事態が起きていたようです。ハリポタのメインとなるこのアトラクションは、初日にも緊急停止するというトラブルが発生していて、今回は2回目のトラブルとなります。ちょっと心配ですが、大丈夫?

 
 
日本中の期待を集めて、2014年7月15日にグランドオープンしたUSJの新エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。 
 
初日からたくさんの人が押し寄せて、滑り出しは上々なのではないでしょうか。 
 
 
前評判も良かったですし、何よりも原作の「ハリーポッター」自体が世界中で大ヒットするような作品ですからね。 
認知度も高く、多くの「ハリポタファン」の存在もUSJの新エリア好調の原動力となっているのでしょうね。 
 
事前の試算によると、今後10年間での「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」による経済効果は、なんと5.6兆円だということですから・・・ 
 
海外からの集客も含めて成功してほしいですね。 
 
 
 
しかし、そんな絶好調のUSJにちょっと心配なニュースが・・・ 
 
7月15日のオープン初日に、ハリーポッターのメインアトラクションとも言える「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が、アトラクションの動きの不具合を感知するセンサーの不具合で自動停止するというトラブルを起こしていたんです。 
 
 
usj_harry_potter_and_the_forbidden_journey 
 
 
アトラクションは自動停止し、乗っていた人たちと並んでいた人たちは「優先チケット」をもらって、一旦建物の外へと出されてしまったんですね。 
 
USJハリーポッター、オープン初日にアトラクションが2時間止まるトラブル発生 
 
 
その後、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーは、2時間も停止したままで、初日にUSJに来た人たちは、全員がこのアトラクションを体験することができたんでしょうかねぇ・・・ (+_+) 
 
 
そして、23日。 
またも、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が自動停止。 
 
今回は、乗り物の動きを制御するセンサーが誤作動したことが緊急停止の原因だそうですが・・・ 
 
オープン10日間の間に同じアトラクションで2回も緊急停止のトラブルとは。 
ちょっとイメージダウンになってしまわないかと心配ですよね。 
 
ちなみに、今回もアトラクションに乗っていた人たちには「優先チケット」が配布されたようですよ。 
 
しかし、優先チケットを貰ったとしても、並んでいた時間は戻って来ないわけで・・・ 
新しいアトラクションだと、トラブルや不具合も出やすいのかなぁ~ (ー_ー)!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
カテゴリー: USJ:ユニバーサルスタジオジャパン, その他, イベント・アトラクション   パーマリンク