ユニバーサル年間パスの値段は高いのか安いのか? 消費税増税の便乗値上げではないですからね


スポンサードリンク

新しくなった、USJの「ユニバーサル年間パス」の値段は高いのか、それとも安いのか?新価格に対しては、消費税増税とUSJ独自の値上げがプラスされて割高感を感じる人もいるようですが、年間パスや年間VIPパスの料金設定は妥当なのか、ちょっと考えてみました。

 
 
今日は4月2日水曜日です。 
8%の新消費税率が導入されて、今日で2日目ですね。 
 
 
私は、今日、たまたま「100円ショップ」へ行って、商品を9個購入。 
レジで「972円です」って言われて・・・ 
 
あぁ・・・2円・・・2円・・・ 
 
って、1円玉を探している時に 
消費税が8%になったから端数が出るんだ・・・ 
って実感しましたよ。 
 
これからは、お財布の中の1円玉がいっぱいになるのかなぁ・・・ 
なんて感じた私でした。 
 
 
8%の消費税率導入後の「消費の冷え込み」が懸念されていますが、みなさんの周りではどうですか? 
 
やっぱり、いろいろ控えちゃいますか? 
 
 
USJなどのテーマパークも「消費の冷え込み」の影響を受けるのでは? 
と言われていますが、入場者数やアトラクションの待ち時間を見る限りでは、今のところ落ち込みは見られませんよ。 
 
「関係なく、たくさんの人で賑わっている」というように見えます。 
 
しかし、本当に「消費の冷え込み」の影響が出るのは、春休み明けからかもしれませんね・・・ 
 
 
 
一部の意見として、USJの値上げを「消費増税の便乗値上げ」とする見方もあるようですね。 
 
実は、USJは2014年の1月に第1段階の値上げをしているんです。 
そして、4月の新消費税率での値上げ・・・ 
 
4月の値上げは、どこでも同じなので問題はないのですが、1月の値上げによって、「ユニバーサル年間パス」の料金が高くなったことに抵抗感を示す人も少なくないようです。 
 
 
というのも・・・ 
これまでの「年間パス」の値段は15,800円でした。 
それが、現在は19,800円です。 
 
 
usj_universal_nenkan_pass_2014 
 
 
この値上げに対して、 
年間15,000円なら払うけど、20,000円になるのなら買わない! 
というような意見もあるようなんです。 
 
 
 
しかし・・・ 
 
これまでの15,800円というのは「特別価格」なんですよ。 
 
2002年にUSJであった、「ショーで、安全基準を超えた火薬の使用」「賞味期限切れの食材を使用した商品を提供していた」などの不祥事に対する客離れを食い止める対策として「年パスの特別価格」を実施していたんです。 
 
 
言ってみれば「お詫び価格」というか・・・ 
めちゃ安価格設定で販売していたんですから、その値段と比べられちゃうと、USJとしてもかなりキツイかなぁ・・・と思うのですが。 (^^ゞ 
 
 
ちなみに、ディズニーの「年間パスポート」の料金は、大人:53,000円です。 
 
これを比較するのは、ちょっと違うと思いますが、参考として。 
 
USJの19,800円が高いのか、安いのか・・・ 
その他の特典も付いた「ユニバーサルVIP年間パス」でも、28,800円です。 
 
まあ、全体の規模やアトラクションの数などから考えて・・・ 
ということにはなるのでしょうが。 
 
 
USJの強気の値上げが、吉と出るのか凶と出るのか? 
私は、年パス19,800円は安いと思いますけどねぇ・・・ 
 
チケット価格はこちらに一覧としてまとめておきましたおで、ご参考に・・・ 
USJチケット料金一覧と「年間スタジオパス・プラス」について

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
カテゴリー: USJ:ユニバーサルスタジオジャパン, イベント・アトラクション, チケット   パーマリンク