USJ ハリーポッター アトラクション数と場所をパークの見取り図に合わせて見るとこんな感じ・・・


スポンサードリンク

2014年7月15日にグランドオープンする、USJの新テーマパーク「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のアトラクション数とその場所をパークの見取り図(地図)に合わせてみました。この地図は正確なものではないでしょうから、どのアトラクションがどこにあるのかをイメージする程度ですけどね・・・

 
 
2014年7月15日にグランドオープンすることが発表されている、USJの新テーマパーク「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(Wizarding Woeld Of Harry Potter)」 
 
 
4月18日には、「ユニバーサルスタジオジャパン大使」に任命されたSMAPのメンバーや、安倍晋三首相、ケネディ駐日大使をはじめとする、そうそうたるメンバーをゲストに招いて「オープン日発表記念式典」が行われました。 
 
その日以降、テレビCMでも「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のテーマパークのオープン予告のCMが頻繁に放映されていますよね。 
 
さすが、総工費450億円をかけて建設しただけあって、USJとしても本気でプロモーションを行っているんだなーというのが伝わってきます。 
 
 
しかし・・・ 
7月15日にハリーポッターの新テーマパークがグランドオープンするというくらいで、そのアトラクションはどんなものになるのかなどは、まだ大々的にPRするまでには至っていないようですよね。 
 
CMを観ていても、詳細情報などはまだ伏せられているようなイメージを受けます。 
 
 
そこで今回は、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のマップ(見取り図)で、どの施設がどこになるのかを見てみたいと思います。 
 
詳細情報が乏しいので、大まかに観る程度になっちゃいますが・・・ 
 
 
まずは、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のマップを・・・ 
 
 
usj_wizarding_woeld_of_harry_potter_map 
 
 
ハリーポッターのテーマパークは、大きく分けると3つのばしょになるのかなと。 
◆ホグワーツ城 
◆ホグズミード村 
◆フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ
 
 
この中に、 
アトラクションが2個 
レストランが2店舗 
ショップが8店舗 
 
配置されているようです。 
 
 
 

ホグワーツ城

 
ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー 
ハリーポッターのメインアトラクションですね。 
最新技術を駆使したプロジェクターが作り出す世界を飛び回るアトラクションのようです。 
 
これ以外にも、 
ダンブルドアの校長室 
闇の魔術に対する防衛術の教室 
など、いくつかの展示があるようです。 
 
 
 

ホグズミード村

 
オリバンダーの店 
ゾンコの「いたずら専門店」 
ハニーデュークス 
ダービシュ・アンド・バングズ魔法用具店 
フィルチの没収品店 
ワイズエーカー魔法用品店 
ふくろう便&ふくろう小屋 
グラドラグス魔法ファッション店 
 
 
 

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ

 
フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ 
家族向けのジェットコースター型アトラクションです。 
 
 
各施設が配置されている場所は、このような感じになるのではないでしょうか? 
私個人の推測も入っていますのでご了承ください。 
 
どうなっているのか、まだまだ謎が多い「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」ですが、日にちが経つにつれてCMなどでも新情報が明らかにされていくのではないでしょうか・・・ 
 
アトラクションや施設の内容に関しては、こちらにも掲載しています。 
USJハリーポッター、アトラクション数とショップなどの情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク
カテゴリー: USJ:ユニバーサルスタジオジャパン, イベント・アトラクション, ストア, ホテル・レストラン   パーマリンク